店内

サッカーW杯オランダ戦の惜敗について

サッカーW杯オランダ戦

W杯オランダ戦では、ほんとに惜しい試合展開で、残念でしたが、立派に戦う日本の面々は誇りに思えました。過去何回もワールドカップに出場しても、イマイチ威厳のなかった日本チームもついに競合国、特にオランダのような優勝候補のチームにマークされ、必死に対策を実行されるような存在になったことが見て取れました。

サッカーW杯オランダ戦として、注目の一戦でしたが、注目に値する戦いを繰り広げてくれたと思います。

前半は見事に世界トップレベルのオランダの攻撃を0点に抑え、超プロフェッショナルなディフェンスを見せましたが、後半開始直後、オランダチームの強烈なロングシュートが今大会から採用されたボールの仕様のためと、無回転シュートだったため、運悪く不規則な変化を見せて、ゴールキーパー川島のパンチングで弾かれたにもかかわらず、ゴールネットに吸い込まれてしまった。

その後、日本チームは攻撃に転じ、攻勢に出たが、あと一歩の展開が続き、0-1で敗戦した。

W杯オランダ戦では、勝ち点は取れなかったが、予選結果がもつれた場合には、W杯オランダ戦を最少失点に抑えたため、得失点差で、決勝進出出来る可能性を残して、最終戦を迎える事になる。

24日にデンマークとの最終戦を迎えるが、現在、カメルーンやデンマークと比べても、戦況は決して不利ではないため、予選突破の可能性は十分にあると言える!

>>>イタリアンは稲毛BABEでの詳細情報はこちら!

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Leave a comment

店内